妄想オムライス
床下は骨伝導 ワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ !!!!!



国立歴博の土偶
国立歴史民俗博物館で見た個性豊かな土偶の面々がおもしろかった。


第一展示室、



原始・古代のフロアで見ることができる。

写真は縄文集落のレプリカ。稲作前だから日本の原住民の暮らしぶりよ。



では土偶をいくつか御覧下さい。


有名な遮光器土偶。 青森県つがる市亀ヶ岡遺跡 約3000年前

原品 東京国立博物館所蔵(重要文化財)

原品はトーハクにあるよ、重文だよ、ってことはこれはレプリカ。
ホンモノかと思ってアセっちゃったよ。


だってさーこんなにオープンな展示なんだもん。

らくらく手で触れられるもんね。壊したらどうしましょうって不安になる。


福島市上岡遺跡  約4000年前 
  
シュワッチみたいな腕組みが流行っていたのかなあ。4000年前に。


長野県辰野町泉水遺跡  約4000年前
  
全身刺青してますね。


山梨県北杜市金生遺跡  約3000年前

まるで張り子犬あるいは土鈴の原型。


山形県舟形町西ノ前遺跡  約5000年前

ストライプのベルボトムがファッショナブル。
うしろは北海道函館市著保内野(ちょぼないの)遺跡 約3500年前
蒙古の力士みたい。


東京都八王子市宮田遺跡  約5000年前

頭部が欠損しているが、赤ちゃんを抱っこするママなのです。


群馬県東吾妻町郷原遺跡  約4500年前

バレンタイン販促要員みたいな顔アンド全身刺青。


青森県田子町野面平(のもてたい)遺跡  約3500年前

この人もシュワッチ腕組み。アンド体育館座りアンド刺青アンドおっぱい。


神奈川県厚木市林王子遺跡  約5000年前

ダンボが笑ってる?コアラ?


長野県茅野(かやの)市棚畑遺跡  約5000年前

妊婦もよくあるモチーフ。ヴィーナス土偶と呼ばれているそうです。



土器の雛段。

これも本物だったら大変!ビクビクしちゃう。



お次は人面付土器三兄弟召喚だーい。


トン


チン


カン

ピン・ポン・パンでもよい。



埴輪御一行様。



フフン。

なんか威張ってるの。


4000年とか5000年もの昔の人達の創造力よ、あっぱれ!
岡本太郎が土偶にハマる気持ちがちょっとはわかった気がするわ。


国立歴史民俗博物館


京成佐倉駅からバスあり。







 

web拍手 by FC2

Art / comments(0) / trackbacks(0) / オムライス /
夷酋列像展・国立歴史民俗博物館
NHK日曜美術館で見て、絵が綺麗だったので会期最終日に行って来た。

千葉県佐倉市佐倉城跡公園の中に、日本で唯一の国立歴史民俗博物館がある。
知りませんでした。 夷酋列像展は歴史民俗博物館で開催されている。


入口のアーチ。

なんかかっこいくね?


佐倉城は徳川氏の命により老中土井利勝が築城したといわれます。

田町門、愛宕坂など見どころが有り、


佐倉連隊跡方面から巡るのも程よい散歩コースになってるっぽい。



では展覧会へ行ってみよー。

坂道をずんずん上り、


駐車場・バス停エリアからこの階段を上がれば歴史民俗博物館入口。

千葉にも歴博があったのね〜。大阪の歴博が大分面白かったからこっちにも期待。


入館料大人420円ぽっきりで博物館と夷酋像列展が見れちゃう。

さすが国立リーズナブル。


縄文時代から始まる歴史民俗博物館は、
千葉房総地域に特化したものではなく日本全国を網羅しておった。

第1展示室 原始・古代
第2展示室 中世
第3展示室 近世
第4展示室 民俗
第5展示室 近代
第6展示室 現代

なにせ広くて1日で全てをじっくり鑑賞するには厳しいものがある。
午前10時半に入り、途中お昼休憩を1時間とって、後半は駆け足になってしまった。
冬季は入館が午後4時まで、4時半閉館。
閉館時間が1時間遅い時期にまた来ようと思う。
佐倉という土地にも浅からぬ関心があることだし。


第3と第4展示室に夷酋像列のコーナが設けてある。
常設展に、歴史はもちろんアイヌ関連の展示もあるので、それらも並行して参照すると
アイヌ民族や江戸時代の政策への理解が自ずと深まる。
博物館の中に美術展という展示形式は、効率よく不随関連情報を得られる点がよい。
アナログなユビキタス?みたいな鑑賞の仕方が可能。絵を見て常設展に走ったり、
常設展を見ていま一度絵が見たくなって戻って再度納得したり、を
足を使うもよし、はたまた脳内で行うもよし。楽しい。


さて、
夷酋像列は、色彩の鮮やかさ、画の細密さに目を見張るものがあった。
寛政元年(1789年)のクナシリ・メナシの戦い(寛政蝦夷蜂起)に於いて、
反乱を起こしたアイヌ族を鎮圧するため松前藩に協力したアイヌの12人の首長が描かれている。
描いたのは松前藩家老の蠣崎波響(かきざきはきょうwikipedia)。絵は素人だったというが、
若い時分に正式に習ったことがあるということで、その才能と相まってかなりの腕前。


マウラタケの敷くラッコの毛皮



シモチの脚絆



ノチクサが身に着けた刀掛け



イニンカリの着る木綿衣と手にした山丹槍



チョウサマの持つ鍬形(複製)



ニシコマケの傍らにあるアザラシ革のブーツ



イコリカヤニが持つ弓と矢筒



ションコの纏う蝦夷錦と刀掛け



ツキノエの衣裳・蝦夷錦



ポロヤの印籠と小刀



イトコイの山丹槍



紅一点チキリアシカイの首飾り


などに類似する実物(もしかしたら描かれた物そのもの)が展示されていて面白かった。
みんな色鮮やかで、おしゃれでステキでしょう?
中国の武将などの絵を模倣・引用し、実像より誇張して描いてるという説。
藩のために活躍してくれたので盛ったわけね。


残念ながら図録は完売しておりゲットならず。
代わりに展示会場で貰ったパンフレットから、第1章の概要を参考までに引用する。


 第1章 夷酋列像をめぐる世界
1789年、ヨーロッパでフランス革命が始まった年、現在の知床半島の東側メナシ地方からクナシリ島一帯のアイヌの人びとが、和人の非道に耐えかねて蜂起した。松前藩足軽ひとりと場所請負上人飛騨屋関係者70人が殺害されたこの事件にたいして、松前藩はただちに鎮撫隊を派遣し、ツキノエやイトコイら有力なアイヌの首長たちの力を借りて「徒党の者」たちを出頭させ、37名のアイヌを首謀者として処刑した。これが、クナシリ・メナシの戦いと呼ばれる事件である。このとき、松前藩主は、藩に協力した有力アイヌ12人の姿を、藩主の弟蠣崎波響に「御味方」として描かせた。今回ご紹介する「夷酋列像」は、この絹本着色の絵である。
「夷酋列像」に描かれたアインの首長たちは、見る者の目をいやおうなしに引きつける強い磁力を持っている。第1章では、18世紀後半の北東アジアから北太平洋世界に展開する毛皮貿易に注目し、この絵に描かれたアイヌの人びとが生きた世界を探っていく。



クナシリ・メナシの戦い。
アイヌの首長たちは、おそらく自らの種と命を守るため、或いは
早々に資本主義に取り込まれていたため藩に協力したのだろう。
いずれにしても結果的に同族の思いを裏切り、
これを契機にアイヌ民族の衰退が加速していくのが虚しい。


文書に毛筆で各人の活躍や個性が書き残されている。
総じてアイヌの人々はものごとを決めるのに慎重で時間がかかり、
それはものの分別・善悪を弁えているからこそ、みたいな文が読めた。





国立歴史民俗博物館

特集展示プレスリリース

クナシリ・メナシの戦いwikipedia

クナシリは言わずと知れた北方領土の島。
メナシ(目梨郡)は高級昆布が採れる羅臼のあるところ。
メナシはアイヌ語で東のこと。
国後・歯舞・択捉・色丹くらい読んでちょうだいよ担当のおばさん。


京成佐倉駅からバスあり。







 

web拍手 by FC2

Art / comments(0) / trackbacks(0) / オムライス /
南禅寺とドラッカー・コレクションの猿の系譜

TV東京「美の巨人たち・南禅寺」を見た。


南禅寺・金地院の方丈の襖絵。 方丈とは本堂のこと。


あっ、これと同じ猿をドラッカー・コレクションで見たよ!


どれどれ、ドラッカー・コレクションで見たのは、


海北友松(かいほうゆうしょう) 翎毛禽獣図(れいもうきんじゅうず)の猿。

なんだ、下に手を延ばしているポーズが似ているだけか。


作家もタッチも全然違うや。


南禅寺・金地院の、長谷川等伯 猿猴捉月図(えんこうそくげつず)の猿は、



寄って見ると案外剛毛で、指は太く長く黒々として力強く、

顔は目鼻口を極端に中央下に寄せており、幼な顔で愛くるしい。


剛毛のアップありがとう!竹のブラシで墨を刷いてゆくという、輪郭を描かない手法だそう。




友松の猿は表情豊かでユーモラス。墨は薄く、指は軽くひと筆ですっと描かれている。

やはり輪郭が無く、毛並みはふわっふわ〜んに見えるから毛筆で刷いたのかも。


長谷川等伯海北友松はほぼ同時期に生涯を送ったらしい。
友松は一時期狩野派を学んだといわれ、対して等伯は狩野派を激しくライバル視している。
ふたりの間に直に接点があったかどうかはわからないけれど、少なくとも作品を通して
互いに影響を与えあった事だろう。

長谷川等伯 wikipedia

海北友松 wikipedia


とりあえず「水墨画 猿」で画像を検索しただけだよ!に限っていえば、
輪郭がなく、刷毛で墨を刷いていて、手足が長く、丸っこい顔立ちにデフォルメされた猿は、

等伯と友松と牧谿(もっけい)

の三人によるものだけしか見あたらない。


牧谿は13世紀後半、宗末元初(宗の後期から元の初期にかけて)の四川出身の禅僧。
等伯と友松のひと世代かふた世代くらい前の人になる。
本人の来日はなかったが、その作品の流出や、周辺の中国僧の来日があったため、
14世紀末の鎌倉時代には日本に伝わり、以降多大な人気を博したという。

牧谿 wikipedia


等伯は狩野派に強烈な対抗心を燃やしたが、それは狩野永徳との確執に起因するもので、
決して狩野派の様式を否定するものではなかったようだ。

BS6 ライバルたちの光芒「狩野永徳vs長谷川等伯」 
   ↑
 この番組おもしろかったから終わっちゃって残念。

そして千利休などから中国絵画の知識を吸収し、独自の画風を確立していったというから、
利休に勧められて牧谿の猿を見た可能性がある。いや、絶対見ているに違いない。


牧谿 観音猿鶴図 部分 flickr Photo / All sizes


牧谿の筆致と可愛い猿を気に入った等伯が、

それをインスピレーションとして、


枯木猿猴図 京都国立博物館


を描き、南禅寺・金地院の襖絵にも応用し、

これらいずれかを見た友松もまた、海北友松は海北派の開祖だそうだから、
牧谿あるいは等伯の猿をモチーフとして採用し、海北派独自の手法で描いてみた。
それがのちにドラッカーの手に渡ったのではないだろうか。
 翎毛禽獣図 インターネットミュージアム


お猿の顔は、

等伯は牧谿のお猿さんの幼な顔を踏襲し、友松は漫画チックにアレンジしているのね。

 

  
わはは〜おもぴろい〜!


んで、だからつまり、
輪郭がなく、刷毛で墨を刷いていて、手足が長く、丸っこい顔立ち、に
デフォルメしたかわいい猿のルーツは牧谿に違いない。


ぜったいみんな見てるよ。だってさ、

江戸時代になると、


狩野山雪(1590年 〜1651・江戸時代)猿候図



狩野尚信(1607〜1650・江戸時代)叭々鳥・猿猴図屏風

狩野派の二人の作品があった。


ん〜、若冲あたりもやってそうだな。「若冲 猿」で検索すると、


 うわははははー!


画題不明(猿猴捕月図?)1770年作

力いっぱいデフォルメしてた!

若冲さすがです。

「江戸時代のリラックマ」と呼ばれ現代の若者たちに愛されているようです。



では今一度。牧谿猿の桃山時代から江戸時代にかけての変遷。






かわいい〜〜〜!
  


さて、

南禅寺・金地院の等伯の猿が手を延ばし取ろうとしているものは、



水面に浮かぶお月さまなのでしたー。 あぶないよ水に落ちるよ〜

軽はずみに身に余るものを得ようとするとケガすんぞ、という禅宗の教えなんだそうです。


KIRIN 美の巨人たち 亀山法皇「南禅寺」

インターネットミュージアム ドラッカー・コレクション






 

web拍手 by FC2

Art / comments(0) / trackbacks(0) / オムライス /
ドラッカー・コレクションのオレンジ色の線に仕留められた

4月に千葉市美術館所蔵名品展へ行ったおりに貰って来たチラシ。

なにこのチラシ。なにこのデザイン。

白バックに白銀の文字、
蛍光オレンジのラインが水墨画もろとも憚ることなく厳然と縦断している。

ちがう、蛍光色なのは憚っている証しだ。透けるもの。


裏。

裏の線は銀鼠。


なんだよお、かっこいいなあもお。

ほんでドラッカーて誰よ。マネジメントの父ってなによ。知らねえよ。

知らないけどやべえ、

チラシのデザインにやられた。

水墨画の気分じゃ全然ないけど、

蛍光オレンジの線にやられた!

オレンジ色が特別に好きってわけじゃないのに、

やられた。

ちくしょーこうなったら

美術展のジャケ買いだー!(゜Д゜) ハア??


で、


オレンジの線がお出迎え。



ぎゃーーチケットかわいい!



裏にはやはりグレーの線。



図録もジャケ買い!

図録のオレンジ線は水墨画を踏んでいない。ここらへん試行錯誤したかなあ。


オレンジの線揃い踏み!この絶妙にグレーがかった白もいい。

オレンジと水墨画が映えつつ落ち着く白。水墨画展にあるまじきモダンデザインを纏める白。


写真は黄色っぽくなってしまったけど、角度を変えると見えやすいな。

白で透かしのように PETER F DRUCKER と印刷してあるのよ。


そして、図録を開けば、


ジャジャーーン、

オレンジの栞紐!


かー わー えーゞ!

肉眼で見ると、紐のオレンジ色と紙のオレンジ色が全く同じ色だから!


チケットとチラシと図録と栞紐の蛍光オレンジ色。 おみごと。


吟味したんだろうなあ、オレンジ色。

ていうか、

デザインをさらに極めんがために敢えて図録に栞紐を付けるという凝りよう。

素晴らしい!!

期待以上に名品揃いのドラッカー・コレクションを見てよかったけど、

何より美術展のデザインに感動した!!!

こんなの初めて。

美術展の内容と同じくらい展覧会のデザインに感動するなんて、はじめて。



ピーター・ドラッカーさんは経済学者で、つい先頃著書「マネジメント」がベストセラーになったという。あれか、野球部のマネージャーが経営学を応用したらどうなるかってやつか。ドラッカーは若い頃から日本美術に傾倒し、愛好家の域を超越した鑑識眼を養いながら選りすぐりの日本美術品を生涯に亘って収集してきたのだけど、美術に関する著述は、講演会のスピーチ記録や、専門の小冊子に掲載されたものが少ししか存在しない。なんとドラッカーは根津美術館の新装オープニングセレモニーにも招かれ、日本美術や所蔵品についてスピーチをしている。その原稿は練りに練られたものだというから、日本美術に対する本気度、敬愛の程がわかろうというもの。経営学だけでなく日本美術に関する本も書き遺してくれていたら、どんなに読み応えがあったことだろう。

ドラッカーコレクション展の会場には、その数少ない著述から、展示作品と関連するドラッカーの言葉を抜き出し、パネルにして展示してあって、それがまたいいのよ。右脳でコレクションを鑑賞して、気分転換に左脳でパネルを読んだら、ほんの二三歩戻って、文章の中でドラッカーが言っている作品のホンモノをまた見て、ってやると、おもしろくて楽しくて嬉しくなっちゃうのよ!文章のチョイスといい分量といい、パネルの数といい展示場所といい、過不足無くてパーフェクトに気が利いているのよ!

例えば、室町水墨画コーナーのパネルには、

世界の偉大な絵画は伝統的にそれぞれこの問題に突き当たってきました。すなわち、いかに空間を描くのか、という問題です。結局のところ、絵画とは、三次元の空間を二次元で表現することであり、視覚的なイリュージョンをいかにして生み出すかというものです。誰もがご存知のように、西洋の画家たちは遠近法を用いてそれを表現しました。中国の画家たちは基本的に空間を代数的に、つまり比率と関係として見ていました。しかし日本の画家は、室町水墨画の頃から、真に”モダン”でありました。彼らは空間を、物のもつ形やフォルムを超えた実存として見ているのです。物の役割は空間内に特別な関係性を創り出すことです。現代の数学ではこれをトポロジー(位相幾何学)と呼びます。この意味で、彼らは、数学がその研究を進め、世界の物の見方を発展させる400年も前のトポロジストでした。

の文があったと思う。日本画家たちはトポロジストですってよ奥さま!経済学者の目で美術を見るとこうなるざますわよ!文章は「私の室町水墨画」からの抜粋で、図録によれば、ドラッカーが根津美術館に招かれたときの講演録であり、下の鉄舟の蘭などをスライドで見せながら語った言葉だそうだから、パネルはこの二葉の展示の傍らにあったのだろう。←うろおぼえ


「鉄舟徳済 蘭石図」 と 「玉畹梵芳 蘭石図」

鉄舟の蘭は力強く勢いのある線で、玉畹のは柔らかくしなやかな線で描かれており、
同じ蘭でも比較すると表現方法が独自に個性的である点に於いてもドラッカーは
日本美術の特色を見出したようだ。


ドラッカーの著述は、
主なものを図録に収録して下さっているので読めるよありがたや。



 図録目次 

日本美術へのラブレター ピーター・ドラッカー
なぜ日本画に心惹かれたか ドリス・ドラッカー(ドラッカーの奥さん)
わがコレクター父母の傍観者としての時代 セシリー(ドラッカーのお嬢さん)
回想のドラッカー教授 河合正朝(千葉市美術館館長)
ガイジンの見た日本美術 ピーター・ドラッカー
ピーター・ドラッカーの日本美術に関する著作について

序章 日本美術との出会い
 ドラッカー・ポートレイト-フランクフルト時代(1929〜33)の軌跡 佐久間裕之
 ドラッカーは何を見たのか 1930年代日本美術館事情 松尾知子

1章 1960年代、初期の収集
 雪村の画本 荏開津通彦

2章 室町水墨画
 講演録 私と室町水墨画 ピーター・ドラッカー

3章 水墨の花と鳥 動物画の魅力

4章 聖なる者のイメージ

5章 禅画 江戸のカウンターカルチャー

6章 文人画の威力

終章 書斎に吹く風 クレアモントのドラッカー

人間中心のマネジメント ドラッカーとリベラル・アーツ 山脇秀樹
クレアモントとドラッカースクール
ドラッカー愛用の品々
ドラッカーと日本
ドラッカーと日本企業
 ご来光!ジョーン・ウィンスタイン
ドラッカーコレクションの軌跡
 田中一松資料にみるドラッカーコレクションの軌跡 松尾知子
ドラッカーの日本美術コレクション形成とその”日本美術・日本論” 加藤悦子
ピーター・F・ドラッカー年譜
印章一覧
作品リスト
出品作家一覧
英語による作品解説と作品リスト


2015年5月19日初版発行
監修 河合正朝(千葉市美術館館長)
編集 松尾知子(千葉市美術館)
撮影 ダグラス・サンドバーグ
   タケミ・アート・フォトス
   小平忠生
翻訳 まい子・ベア
デザイン 川添英昭+中村遼一(美術出版)
制作 名塚雅絵+住谷美都子(美術出版)

印刷・製本 山田写真製版所
発行人 大下健太郎
発行 株式会社美術出版社


千葉市美術館 開館20周年記念展 ドラッカー・コレクション 
            珠玉の水墨画「マネジメントの父が愛した日本の美」


美術出版社



感動した!! ありがとう!!!


ドラッカー・コレクションは6月28日まで。
千葉市美術館は午前10時から午後6時まで。
金・土は夜8時まで。
第一月曜休み。









 

web拍手 by FC2

Art / comments(0) / trackbacks(0) / オムライス /
根津美術館の庭園

表参道駅A5出口を出て右へ真っ直ぐ骨董通りを行くと、


ほどなくして交差点の対岸に根津美術館が見えた。



入口に、石船と長明燈。

石船 長明燈

かつて根津家の広大な邸内に置かれた石船は、来訪者のための道しるべであった。
2009年、この石を蹲(つくばい)にあらため、朝鮮時代の長明燈とともに来訪者を迎える。



竹垣と玉砂利の美しいアプローチ。




庭園へは、一度建物に入って入場券を購入し、建物内の庭園側出入口から裏へと出る。

「光琳の燕子花と紅白梅展」のチケットを買って、鑑賞して、

お庭に出て、

池に群生するという「弘仁亭の燕子花」を見るには、順路は複数あるようだけど、
わからないからとにかく坂を下りて行ってみよう。


石造仏や灯籠がいっぱい。



オルメカみたい。

石畳もおしゃれ。


緑もいっぱい。

夏場は蚊に喰われるだろうな。


お茶室もたくさんある。

どんどこ下る。と、


燕子花の池が見えた!



白い花びらが散ってみなもは可憐な装い。

池が若葉の季節の花嫁みたいになってる。


わあ、キレイ!



5月も半ば、花は終わりかけているのだけど。



離れて見れば十分キレイ!

ぜひ来年は盛の時に来よう。


懐かしさを覚える家屋は披錦斎。

家屋の向こう側に大阪伏見町から移築した茶室、一樹庵が棟続きになっている。


お庭を散策しつつ横長に広い池を周回しているのです。

このお庭を子供の三津五郎が走って遊んだのよね、たしか。


「左 ほうりうし」は「法隆寺」かな? 右は、えーと、読めましぇん。

「右 あ へはセ いせ たへまたはさみち」?この道標、どこに立っていたのだろう?


ほたから山には石仏が並ぶ。



ベンチでひと休み。



いいお顔で笑ってらっしゃる。

願わくばいつも心に。


大きな鯉もたくさん元気に泳いでいる。



これより先は法界宇宙。



なんの木だろう。この花びらが池をドレスアップしているようだ。



無事庵。

ここに辿り着けばホッとしそう。


無事庵の無事を見守る如来坐像。

なんつって。


池の中程へと飛石が連なっている。

あぶないので進入できませんが。


ぼうやり立ち尽くして深呼吸。

全てを見てはいないけど、また来よう。


戻ろうか。

今度は坂を上がって行けばよい。


待合の足元にある、


この穴はなんだろう?

石が埋め込まれているのはなんでだろ?デザインだろか。なんでお箸が刺さっているのだろ??


NEZUCAFE’の建物に清潔な御手洗いがあってありがたい。



本館に戻った。



燕子花図と紅白梅図をもう一順しようかな。



青山根津翁とは美術館を建てた根津喜一郎氏のこと。

2006年から3年間をかけて今のガラス張り建築に改築したそうな。


シブヤ経済新聞 ←改築工事の経緯と旧本館の写真が見られる。


改築前の美術館の方が風情があって好きという方もおられる。
一度見ておけばよかった、旧根津美術館を。
大阪の藤田美術館みたいにタイムスリップしたような懐古的情趣を味わえただろうか。



三津五郎が子供のころ自宅に隣接する根津美術館の庭園に入り込んで
毎日のように駆け回って遊んだ、という話を三津五郎の著書で読んだ覚えがあるが、
どの本だったか。三津五郎の著作はたくさんあるのでわからなくなった。
巳之助もここで遊んだのかな。がんばれみっくん!


庭園|根津美術館








 

web拍手 by FC2

Art / comments(0) / trackbacks(0) / オムライス /