妄想オムライス
床下は骨伝導 ワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ !!!!!



動きのよい人

テレビで見かける動きのよいと思う人を、忘れないよう列挙しとこうっと。

この人らが人形遣いか太夫か三味線になったらどんなふうかな〜と想像するのが楽しいのよ。

 

 

渡辺直美(三業どれでもダイナマイトそう。)

ゆりやんレトリィバー(ネイティブ太夫さんで。調子乗っちゃって欲しい。)

ブルゾンちえみ(絶妙な間と心地よい音域と滑舌。ぜひ太夫さんで。色気もある。)

柳原加奈子(人形さんで。キレとナリキリ度。声に問題なきゃ太夫さんも。)

ざわちん(超高速で動けそう!三味線さんか人形さんで。)

バービー(腹の底から声出そう。運動神経もよい。太夫さんで。)

横澤夏子(足腰強ければ人形さんで。)

 

女性陣はなぜかぽっちゃりした方が多勢。

 

 

立川談志(この方の動きは別格の美しさ。落語を聞くより所作に見惚れてしまう。←すみません。ぜひ人形さんで。それか、全体を構成する能力と、それに相反するような即興性を三味線さんで聴いてもみたい。が、仁は太夫さんなんだろうな。)

笑福亭鶴瓶(名優。声も魅力。エロい。もちろん太夫さんで。)

とろサーモン久保田(ぜひ人形さんで。一瞬で色を変えられる芝居の反射神経は天才的。う〜ん太夫さんも聴いてみたいな。パチンコ屋のアナウンスの真似のリズム感はんぱじゃないのよね。あの調子で語ったらスリリングだろうな。)

トレンディエンジェル斉藤さん(人形さんか三味線さんでペッペペーして。)

トレンディエンジェルたかし(発声が力強い。ぜひ太夫さんで。)

脳みそ夫(無意識に完璧に止まれる。それが独特な間を生む。素早い動きは練習の必要があるかもしれないけど人形さんで見てみたい。)

キングコング西野(本質は影のリーダー女房役っぽい気がする。クリエイティブ。戦略的でもある。十分に太夫さんに揉まれた上で三味線さんで。)

キングコング梶原(希なる運動神経。人形さんで。)

はんにゃ川島・金田(どちらもぜひ人形さんで。川島氏の運動神経侮れないんだよ〜。)

FUJIWARA原西(キレキレ人形さんで。)

FUJIWARAフジモン(太夫さんで。声でかいからや。)

サツマカワRPG(芝居がうまい。人形さんか太夫さんで。)

コロチキ・ナダル(演技がうまい。太夫さんか人形さんで。)

ピコ太郎(あのノリで人形さんで。)

TKO木本(ちょいと突っ込む時の手つきがかっこいい。人形さんで。)

 

芸人さんばっかり。ほかにも沢山居られるけどこのくらいで。(随時追加アリ。)

 

 

 番外編

布袋寅泰(藤蔵さんとガチバトルしてほしい。負けないぞ。藤蔵さんエレキシャミセンで。)

ファビエル・フェルナンデス(三業どれでも。演技、語り、運動神経どれも申し分なし。日本語大阪弁勉強しなきゃ!)

茂出木シェフ(夏休み公演限定で團吾さんと暗闇で連れ弾きしてほしい。)

 

 

と、独断と偏見に基いて思いつくまま書き連ねたが、動画で文楽人形レクチャー中の勘十郎さんのしぐさを見るのも、これまた楽しい。人形を持っていなくても勘十郎さんの動き、特に手の動きはやはり凄い。上に書いた人たちの百倍スゲー。左手で持ったマイクは胴串に見える。そういえば勘十郎さんの動きがちょっと変わってきたというかテクニックがまた増えたような気がするよ。あたしの目が節穴で今まで気が付かなかっただけかもしれないけど、なんせ簑助さんみたいに一瞬でピタっと止めることが多くなって、特にここ一二年その技術に磨きがかかったような気がするのよ。以前は切れ目のないゆっくり(ゆっくりは難しい。特に勘十郎さんのゆっくりは至難の業だと思う。)とした円運動が主な持ち味に見えていたが、それにノーモーション(簑助さんのノーモーションは完璧。特に静止した状態から動き出す時のノーモーションは神業!燻し銀のなにげに古風な勘壽さんも役柄によっては気が向くとたまに似た動きをやってくれる。)が加わったように思う。ピタ!しゅしゅしゅ〜ピッタリ・・じんわ〜〜〜・・・ビタビタビタ!って止めては動き、動いては止まるとゾクゾクする。ほんと、それでしかも細かいのよね。細かさで言ったら簑助さん以上かも。誰よりも演技つまり心象描写が細かい。すごいなあ、今思い出しても(←この場合は加賀見山のお初)ムラムラする。ムラムラするなんて云ふからお下品なんだな。わたくしのムラムラするとは世にいう胸がキュンキュンして苦しい辛いってヤツなんだろうと思う。だけどイイ年した婆ァが不細工な御面相ぶら下げてキュンキュンはなかろう。なのでやはりムラムラ。

 

 

 

 


web拍手 by FC2

ひとりごと / comments(0) / trackbacks(0) / オムライス /
松香さん

嶋さんが去ったあと、豊竹松香太夫さんは唯一わたくしの癒しの泉でいらした。2月の淡路町の口。その日も語り出すと、松香さんの心地よい倍音は耳に溶けて胸へ落ち、体中に沁み渡った。ああ気持ちいい。そうして淡路町の人々や営みは、おっとりと江戸時代の情趣を纏っていくのであった。松香さんは3月いっぱいで引退された。聞いてない。やだそんなの聞いてない。

 

 

 

 


web拍手 by FC2

BUNRAKU  / comments(0) / trackbacks(0) / オムライス /
紋壽さん

去る2月16日に桐竹紋壽さんが亡くなられた。毎月の配役表にお名前を探し、来月こそは見られる、と喜んでは代役のお知らせに落胆する月が続いていた。やっと少しばかり紋壽さんの人形の魅力がわかりかけたのに。いつも眼光鋭く強面で客席ぐるりと睨め廻しながら遣う人形の、そのしとやかさ、或いは可愛らしいことと言ったら!政岡のぴんと張った空気、いじらしいお三輪、懐の深い釣船三婦、千代、万野、深雪、役名がわからないけど男のお役も沢山見た。おしゅん、釣り女のしこめちゃんも見た。ニワカの文楽初心者がやっと少しわかってきたところだったのに。古風でモダンで、不思議と物理的な重みを感じさせる紋壽さんの人形。もうお別れだなんて。悲しいよ。

 

 

 

 

 

 


web拍手 by FC2

BUNRAKU  / comments(0) / trackbacks(0) / オムライス /